40代 男性 20年前にヘルニアと診断され、それ以来ぎっくり腰を繰り返す。

41歳 男性 ヘルニア 腰痛 ぎっくり腰

施術期間 1週間 3回

症状:仕事中に荷物をもって途端、腰に痛みが走った。腰の痛みと臀部全体にだるさのような違和感。

1回目

普段から腰痛があり時々、ぎっくり腰は起こすが今回は非常に痛い。
検査を行うと椎間の影響が半分、筋肉の問題が半分あるようだった。痛みの出ない体勢を探りながら仙骨にカイロプラクティックアジャスト。その後テーピング

2回目

楽になった。座位から立位が痛む。腰椎の5番4番の間隔をリエンダーで調整が胸椎びカイロプラクティックアジャスト。

3回目

座位から立位の痛みは無くなった。立位から伸展すると臀部に違和感が少々ある。リエンダーで腰部椎間関節全体に動きをつける。その後仙骨にカイロプラクティックアジャスト。

追伸

椎間板ヘルニアがあるから必ず腰痛が発症することありませんが腰痛やぎっくり腰、坐骨神経痛の要因になることはあります。何よりも腰に悪影響を与えるのは「ヘルニアは治らない」「自分は腰痛持ち」という【意識】です。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事