60代 女性 膝の手術のあとの腰痛

60歳 女性 膝の痛みと腰痛

施術期間:10日で4回

4ヶ月前に膝の手術を受けたが、その後から膝はもちろん脚の付け根~太ももの前面~ふくらはぎまでの痛みが出始めた。
手術を受けた病院で膝に毎週注射を打ち続けているが痛みは変化なく、最近では腰痛もひどくなりだし反対の脚の付け根~太もも痛くなりだした。

1回目

手術を受けたのに痛みがひどくなり、さらに術後に毎週注射を打ち続ける。
何のための手術だったのか疑問?
臀部、とくに小殿筋を緩める。
この小殿筋を強く押すと太もも前面に痛みが走った。
小殿筋のトリガーポイントに少し強めの圧を加えてからストレッチを行った。
このとき、案外、膝なんか関係ないのではないかと考えた。
最後に両方の脚の付け根(ソケイ部)が痛むことから仙骨をアジャスト。
腰痛と膝痛は比較的セットになる場合が多い。

2回目・前回より3日後

前回後スッキリしたが昨日から痛みがぶり返した。
初回、小殿筋の調整だけだったのでトリガーが再発したのだろうと考えた。
なので今回は全体的な筋肉の調整を行った。
小殿筋(上の方のお尻の筋肉、ちょうどウエストの下あたり)と腸骨筋(骨盤の前の出っ張りの内側)がどうも原因のようでこの部分を緩めていくと痛みがどんどん消えたいった。
そして大腿筋(太もも)と膝の裏の筋肉、ふくらはぎのトリガーを緩めた。

3回目・前回より4日後。

腰の痛みはまったく無くなった。
脚も痛みは半減したが起床時の痛みがあり動き出すと段々楽になる。
(これは慢性痛の場合ある程度しかたがない)
手術した反対側の太ももの痛みの方が気になりだした。
これは骨盤の問題で前回同様の部分の調整を行った後、仙骨と胸椎(背骨)をアジャスト。

4回目・3日後。

こんな短期間で痛みが楽になるのは不思議だと喜んでいただいた。
各筋肉を触診しても緊張も圧痛もない。
全体をストレッチして終了
【案外、膝の手術は必要なったかも知れません】

 

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事