40代 男性 疲労で腰痛とシビレがあり、休むとマシになるを何年も繰り返す

43歳 男性 腰痛 坐骨神経痛
施術期間 6週間 6回

症状:トレーニングやランニングが趣味。調子よく運動していても疲労がたまると腰痛と尾骨痛、太もも外側が痛み休養期間を作るとおさまるので思い切ってトレーニングできない。

1回目

検査の時に気になったのが姿勢で背筋がピン真っ直ぐになっており正常な胸椎の後湾が無く逆に前方に反っている。(これは女性に多いが真っ直ぐがいい姿勢と勘違いしている人が多い)この姿勢も症状の原因のひとつ。
梨状筋が緊張しているので痛みのある足は外旋している→梨状筋は大腿骨の外旋を起こす。仙骨のS1、S2神経根。特に仙骨がメジャーなので仙骨にカイロプラクティックアジャストを行う。

2回目

腰痛と尾骨痛はかなり楽になった。尾骨筋、仙結節靱帯を調整。骨盤、胸椎、股関節のカイロプラクティックアジャスト、大腿筋膜張筋と梨状筋のトリガー調整。

3回目

もう痛みはないが筋力テストの結果は良好とは言えないので同様の施術を繰り返す。
運動は再開してもらう。

4~5回目

不安ながらも走れる。いつ痛くなるか不安だが痛くならない状態。
運動を再開してから伸展位に少し違和感が出るのでリエンダーにて椎間関節に動きをつける。

6回目

リエンダー、仙骨、胸椎、トリガーの調整。
動いても大丈夫になり筋力テストや可動域も正常になりメンテナンス施術へ。

1ヶ月半で終了しましたが特にスポーツをしている方には定期的なメンテナンス施術をおススメします。基本的にスポーツは体を痛めるものですから!

 

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事