60代 男性 きつい痛みではないが何十年も続く腰痛

65歳 男性 【仙腸関節炎 腰痛】

施術期間1ヶ月 6回

症状:きつい痛みはないが長年、腰痛がありゴルフをした後は少し痛みが強くなるが数日するとましになる。
年十年もこれを繰り返している。

1回目

筋力検査、触診、可動域検査など行い側臥位で痛め側を下にすると痛みが強くなる。仙腸関節炎の特徴の一つ。仙腸関節にカイロプラクティックアジャストを行う。脈診で肝臓の弱化がみられたので肝臓に関連する胸椎もアジャストを行う。大腰筋の弱化もみられたので頭蓋骨の調整。

2~4回目

1回の施術でかなり楽になったようで横向きに寝ても痛みはない。脈診は毎回肝系なので頭蓋骨と胸椎にカイロプラクティックアジャストを行う。

5~6回目

ゴルフをした後も全く痛みはない。検査の結果仙腸関節にもう問題はなが大腰筋の筋力が少し弱く腰椎5番の可動が悪いのでアジャストを行った。ビタミン、プロテインなどの摂取方法をお伝えして終了。

追伸

腰痛や肩、肘などの痛みを年齢のせいにしている方が多いようですが筋骨格系の調整をすれば日常生活もスポーツも楽に出来るようになります。「これぐらいの痛みは、まぁいいか・・」と放置せずにお近くの整体やカイロプラクティック院などに是非相談してみて下さい。

仙腸関節炎について詳しくはこちら

仙腸関節炎

この記事に関する関連記事