60代 男性 脚全体の痛みからお尻の痛み。

65歳 男性 坐骨神経痛  ヘルニア 腰痛

施術期間1ヶ月・6回

症状:1か月前ゴルフに行ってから脚全体が吊って強い痛みがあった。翌日から脚の痛みはなくなったが臀部に痛みがあり段々とひどくなっており最初は痛くなかった腰も痛み始めた。整形外科へ行ってもまったく改善しない一生この痛みと付き合うのかと思うと気が変になりそうなぐらい辛い。

1回目

初回の検査で主な原因は椎間板と梨状筋と判断、側臥位で梨状筋のトリガーを押圧。
そのあと胸椎にカイロプラクティックアジャストを行う。坐骨神経痛は胸椎のサブラクセーションでもよく現れる。

2~4回

一回の施術で臀部の痛みは半減し腰の痛みはほぼ無くなった。胸椎腰椎に伸展制限があるのでリエンダーでフレクションをかけ椎間関節の間隔を正常に戻す。仙骨の調整胸椎と患部側の股関節調整。

 

 

5回目~6回目

長時間の前屈みの作業で臀部と腰が初めのころのように強烈に痛む。急遽病院へ行ったが検査で腰椎4番にヘルニアがあった。以前、通院した整形外科ではヘルニアは見つからなかったが今回は大きく椎間板が飛び出ているのが分かったが座薬のみ出され治療はなかった。

整形外科の帰りに当院へ。梨状筋のトリガーと椎間関節を調整すると痛みは消えた。

 

 

何回か通院されて痛みが改善されると無理をして再発される方が時々おられますが症状が落ち着いて安定期に入るまでは無理は禁物。自覚症状と他覚的症状は違います。いくら自分が楽でも検査の結果、まだ問題がある事が多いので急に以前のように動いたり勝手に通院をやめたりせずに指示に従ってくださいね。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事