40代 男性 歩くと痛い腰、股関節、両膝

43歳 男性 腰痛 股関節痛 膝痛
施術期間2ヶ月8回

腰痛は慢性的でたまに激痛あり、股関節から大腿部外側、膝にかけてシビレがあり両膝とも階段や30分ぐらいの歩行でかなり痛む。マッサージ、整体、ストレッチに通うも改善されない。

1回目

腰痛、股関節痛、膝痛はすべて関連があり患部側の股関節は可動域が狭く梨状筋、大腿筋膜張筋に圧痛あり。梨状筋の緊張で股関節の可動域減少と痛み、大腿筋膜張筋のトリガーで股関節から膝にかけてのシビレ。膝窩筋も固く膝蓋骨の動きも悪い。大腿筋膜張筋のトリガーはかなり痛みが出たが施術後はシビレは半減。膝蓋骨モビリゼーション、仙骨と股関節もカイロプラクティックアジャストを行う。

2~5回目

腰痛はかなり楽になった。仙腸関節の歪みと梨状筋の緊張がなくなり股関節も楽になり長時間歩いても膝も多少違和感がある程度になった。
骨盤、胸椎、股関節のカイロプラクティックアジャスト、大腿筋膜張筋のトリガー、膝蓋骨の調整。

6~8回目

同様の施術を繰り返す。膝は立ち上がるとき少し痛むので筋トレを行ってもらうことにした。中年以降の年齢になり普段から運動不足ならば筋力低下や関節の可動域減少で関節に少しの違和感や痛みが出るのは当たり前で自己管理も重要です。

月に一回程度のメンテナンス施術中で毎回、筋トレやストレッチのフォームをチェックしており、またご本人もまじめに自己管理されているので体調は良好。

 

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事