80代 女性 脚のシビレで手術をする前に試してみようと思った。

86歳 女性 坐骨神経痛 腰痛 脊柱管狭窄症

施術期間 4ヶ月

症状:転倒したのがきっかけで腰が痛くなりその後、臀部から脚がしびれるようになった。病院へ行くと脊柱管狭窄症との診断。そこの病院では改善は難しいと告げられたので手術をしてくれる病院を探している。

初回の1ヶ月

週に2回ペースで施術。痛みがひどく少し歩くだけで臀部から脚がしびれる状態だったのでリエンダーの昇降機能を使って腰椎の間隔を少しづつ広げる方法を使った。梨状筋はカウンターストレインで緩める。

2ヶ月目

週2回ペース継続。腰の痛みはなくなった。脚も膝から下のシビレもないが起床時に臀部から太もも外側が痛む。活動と共に痛みは楽になる。リエンダーのフレクション機能を使い腰椎の間隔をあける。

3ヶ月目

週1回ペースで施術。家事などを無理すると臀部が痛むことがあるが翌日には治まる。骨盤はリエンダーのドロップ機能を使い調整。腰椎も同様に調整。

追伸

86才という年齢にしては改善は早かった。また脊柱管狭窄症で手術をしてもどこまで改善するかは疑問だし年齢から考えると手術は危険。1~2週間に1回のペースで継続中。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事