60代 女性 立ち上がるときにお尻に強い痛みがある。

61歳 女性 坐骨神経痛

施術期間1ヵ月 8回

症状:以前から臀部がコル感じがしていたが来院2週間前、立ち上がったときに針で刺したような鋭い痛みが出て段々と痛みが強くなっている。病院では腰の骨がズレていると言われロキソニン・メチクールを処方してもらったが全く効かない。

1回目

うつ伏せになると痛みが増す。SOTのブロックを使うと痛みがなくなる。
ブロックをしたままで梨状筋をゆるめる。その後、座位で胸椎の矯正。

2回目~8回目

前回の施術後はうつ伏せでも寝ることが可能になった。
リエンダーテーブルで椎間関節に正常な可動を取り戻すためにフレクションをかける。
その後に腰椎5番と仙骨のアジャスト。8回目終了時にはどのような姿勢をしても痛みは全くなくなった。

継続施術

1か月で8回と間隔は詰めましたが坐骨神経痛の場合は1週間に1回ぐらいのペースでは「楽になり戻る」を繰り返し結局、慢性痛に移行して、なおらなくなることが多いようです。

大腰筋トレーニングや腰椎に可動を付ける体操は継続してもらっています。現在はご本人の希望により月に一回程度のメンテナンス施術を継続中で肩こり膝の痛みも同時になくなったそうです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加