40代 女性 首が痛くて車の運転でバックするとき後ろが見れない

44歳 女性 首こり 肩こり 寝違え

施術期間 2ヶ月 8回

症状:首と肩こりは常にあり寝違えもよく起こす。病院でストレートネックが原因との診断だが治療方法はないと告げられた。

1回目

骨盤、腰椎の可動制限からくる代償作用として頚椎の可動制限がほぼ原因。また背筋を伸ばすようにお医者さんに言われたので意識して背中を伸ばしていたのも首の痛みを起こす結果となった。来院時、首の痛みが強かったので骨盤と上部胸椎の調整。姿勢については本来のリラックスした座り方を指導させて頂いた。
それだけで首の可動域が正常になった。

2~4回目

前回後、バックするとき普通に後ろを向けたと喜んでおられました。
首はCATを使用してソフトに行い内臓(腎経)の調整と腎臓に関連のある下部胸椎にカイロプラクティックアジャスト。寝違いを繰り返す人は冷えもあるので腎経の調整は必ず行った。

5~8回目以降

一ヶ月目の検査で可動域、筋力とも正常。
僧帽筋や頚部の圧痛もほぼなくったが長期の症状なので一ヶ月で施術をやめると首の状態も肩こりもぶり返すので調子はいいが更に一ヶ月間、同様の施術を行った。

追伸

二ヶ月の施術の後は月に1回のメンテナンス継続中です。今回のケースでは姿勢を変えただけで相当な変化がありました。姿勢の改善は時間がかかりまが、まず自分の意識を変えることが大切。