30代 女性 夜になると呼吸が浅い、不安感で外出が出来ない

30歳 女性 パニック症

施術期間3ヵ月

症状:呼吸が浅く特に夜間、呼吸を意識すると息が出来なくなりそうで怖い。
外出先で体調が悪くなると怖くて遠出が出来ない(予期不安)

1回目

頚部の動きが悪く首周辺から背中の筋肉が過緊張を起こしているので骨盤をカイロプラクティックアジャストで調整。骨盤や腰椎の歪みの代償作用で頚部の動きに制限がつくのはよくあることで、今回も腰部の調整で首の動きが抜群に良くなった。

2回目~4回目

最初の1ヶ月は週一回ペース。
初回の調整後かなり楽になった。骨盤、胸椎と頚椎の1番の調整。
顎関節の引っ掛かりもあり、この関節は内耳付近の筋肉に影響を与え三半規管を刺激して目まいを起こす可能性もあるので顎関節の調整。

5回目以降は2週間に1回

たまに呼吸が浅く感じるが体調は凄くいい。
筋力テストで確認しながら頚部、頭蓋骨、骨盤にカイロプラクティックアジャスト。

最終

この方は背筋の伸ばし過ぎが体調を崩す原因でした。
背筋を伸ばし過ぎると背骨が真っ直ぐになり首もストレートネックになります。
そうすると頚部から背中にかけての筋肉の緊張が取れず頭部への血流が極端に悪くなりパニック症を発症する原因になります。
姿勢の指導とサプリメント、キレート鉄、プロテイン、ビタミンE・Cの摂り方などをお伝えしまして終了。

 

 

 

パニック障害について詳しくはこちら

パニック障害

パニック障害に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加