30代 女性 呼吸が苦しい、動悸、不安感、血の気が引く

38歳 女性 パニック症

施術期間3ヵ月~継続中

症状:呼吸が浅い、動悸や不安感が強く血糖値が急激に下がったような血の気が引く感覚。
軽いめまいでふらつく、発汗、体温調整が出来ていないような感覚、風呂に浸かれない、胸の中心が痛い、手足、頭がピリピリする、生理前にとくにひどくなる。
外出が出来ない程ひどくないのですが来院当時は予期不安がだんだんと強くなっておりパニック障害につながる可能性ある。

 

1回目

特に頚椎を中心に調整。直接的なカイロプラクティックアジャストせずにCAT(chiropractic adjusting tool)というソフトな調整器具を使う。そして最後に頭蓋骨の調整で脳脊髄液調整。

2回目以降~8回目

初回の調整後かなり楽になった。骨盤と頚椎の調整で自律神経系を整える。
また肩周辺の筋緊張で頭部への血流が悪くなるのも原因の一つなので肩周辺の筋肉の調整も行う。(この間、めまいを防止するストレッチや喉の詰まり感をなくす体操を指導)

9回目以降

初回より一ヶ月経過して体調はかなりよく「すごく元気になった」と喜んでおられました。
筋力テストで確認しながら頚部、頭蓋骨、骨盤にカイロプラクティックアジャスト。

現在も継続中

三ヶ月経過までは週一回ペースで施術を行う。
この間にサプリメント、鉄、プロテイン、ビタミンE・Cの摂り方などをお伝えしました。サプリメントも積極的に摂ってもらっているので現在はひと月に1~2回の施術を継続中で経過は非常に良好。

 

不定愁訴(肩こり、腰痛など)もそうですがカイロプラクティック施術だけでは改善するスピードが遅くなります。

特にパニック症はサプリメントや日頃の生活習慣を変えることも重要な要素になります。

パニック障害について詳しくはこちら

パニック障害

パニック障害に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加