本文へスキップ

大阪泉南、熊取町の肩こり整体院。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-453-5174

〒590-0414 大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36

五十肩

五十肩の原因と施術について

五十肩について
五十肩は肩関節周囲炎のことで40〜50代の方がよくなるため、そう呼ばれます。症状としては肩の動きが大きく制限され、動かすと痛みが出ます。ひどくなると動かさなくても痛く眠れないほどの痛みが出ます。痛みは肩だけに止まらず首が動かなくなったり、腕や手首周辺までの痛みシビレが出ます。


五十肩についての一般的な説明は下記のようになっています。
原因は不明。何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが肩関節周囲炎の病態。


カイロプラクティック的に考えると下記のようになります。
今、肩に何の問題がないという人でも次のことを試して下さい。腕は上がらないはずです。
・背中を丸めて最高に悪い姿勢で腕を上げる。
・右に体を傾けて右腕を上げる。
・手のひらを内側に(親指側)捻って腕を上げる。

肩と腕の骨の関節の構造で誰でもそうなるのですが、これは何を意味するかと言えば五十肩の一番の原因は姿勢の悪さと言う事です。背中が丸くなると腕の骨は内側に捻れます。これは中年以降の方によく見られる姿勢。もちろん老化も関係ありますが、若い人にも五十肩があるのもこんな理由(腱板断裂、石灰沈着性腱板炎は除く)

カイロプラクティックではどのような施術をするのか。

広背筋の図です。

この筋肉は第7、8以下の胸椎(背中の骨)と腰椎(腰の骨)の中心部分。骨盤の中心及び骨盤の外側から伸びて腕の骨の少し内側に繋がっています。

腰から伸びた筋肉が腕まで繋がっているのです。
これが重要なポイントです。骨盤や腰の骨、背中の骨に歪みがあると肩から腕の動きに制限をつけてしまいます。
ですから五十肩の施術にはこの筋肉を緩めるのも重要ですが、最重要なのは腰部、骨盤矯正や腰椎(腰の骨)の調整をします。


三角筋の図です。

この筋肉は腕を外側に上げたり、前に出したり、後に持っていったり廻したりするときに使われる筋肉でうでを動かす時によく働く筋肉なので一般に障害を起こしやすい。

三角筋は五十肩でない場合でも筋肉の繊維の中にコリコリとした固い部分がある方が多く、それをほぐす時は若干痛みがあります。

この三角筋の筋力に関係があるのが上部胸椎(肩甲骨の間の上の部分)。この部の背骨も筋肉と共に調整します。



肩甲下筋の図です。

この筋肉が短縮すると腕を頭上に完全に上げれなくなる。五十肩の場合は触ると痛みが強く出る部分です。ここに問題があると腕から手まで痛みが広がることがあります。

肩甲下筋の調整は上向に寝てもらいワキに指を入れゆっくりと筋肉を緩めます。五十肩のヒドイ時は上向きに寝ても肩が痛い場合があります、その時は座った姿勢で背面からこのワキの奥に指を差込緩めてゆきます。
この筋肉と関係がある背骨は中部胸椎(肩甲骨の間、真ん中辺り)これも調整します。


背中の骨と骨盤の調整の施術例

まず初めに広背筋・三角筋・僧帽筋・肩甲下筋などの肩周辺筋肉を充分に緩めます。そして背骨の調整を行います。
五十肩は、治癒するまでには、殆どの場合、多くの時間を要し患者さんも施術者も根気のいる作業が繰り返されるのが実情です。
五十肩は肩だけに止まらず肩〜肘〜手首まで痛みが出ることもよくある事です。
胸椎(背中の骨)の調整は肩甲骨や肩の関節に動きを付けるのに大変有効ですが慎重に行わないと痛みを伴いますので施術中は細心の注意を払い調整します。


上記の広背筋の説明をご覧頂ければ、お分かりかと思いますが背中の大きなこの筋肉は骨盤、腰椎から腕の骨まで繋がっています。

五十肩の施術の場合、腰の部分の調整は、最重要ポイントになります。

軽い五十肩などは肩の周辺の筋肉の調整をしなくても腰の部分の関節の動きを取り戻すような調整をしただけで肩が動くことも多々あります。


○熊取町の肩こり整体・幸道整体のご案内。